星お気に入り記事に追加
新着記事新着記事 2022.05.09

【今さら聞けない住宅用語解説】
「自然素材」の住まいってどういうこと?

「自然素材」の住まいってどういうこと?







自然素材」という言葉、特に新築物件の紹介でよく目にします。



・欧米風のログハウス

・木をたくさん使ったナチュラルな雰囲気の家

・古民家 などなど・・・



人によって様々な「自然素材の家」をイメージしますが



では、実際には「自然素材」の住まいとはどういった自然素材が使われていて、どのような特徴があるのでしょうか?


いくつか素材を挙げて、ご紹介していきます!






家づくりを考えた際


この単語、よく聞くけれど意味を知っているようで知らないなぁ...


という言葉はありませんか?




はうすくらぶではそんな「今さら聞けない住宅用語」を分かりやすく解説!


基本的な住宅用語のポイントを押さえ、納得の家づくりを進めましょう!





今さら聞けない住宅用語」バックナンバーはコチラ







▼目次

・そもそも「自然素材」とは?

・代表的な自然素材

・「自然素材」のメリットは?

・「自然素材」のデメリットは?

・まずは自然素材の家を体感してみよう!






そもそも「自然素材」とは?






実は、「自然素材」という言葉に明確な定義はなく、一般的には


化学物質を使用していない素材


のことを指します。




そのため、一概に「自然素材」といっても


住宅会社によって意味合いであったり細かな内容はさまざまなのです。




ですので今回は、世間でよく言われている「自然素材の家」に概ね当てはまる特徴を見てみましょう。





無垢材をふんだんに使用した空間のイメージ 無垢材をふんだんに使用した空間のイメージ

代表的な自然素材





住宅で使われている自然素材には、具体的には次のようなものが挙げられます。




◯無垢材(むくざい)

 →丸太から切り出し、梁・柱・床板などに製材した木材。

  ちなみに何枚もの木を貼り合わせた木材は「集成材(しゅうせいざい)」や「合板(ごうはん)」といいます。



◯漆喰(しっくい)

 →石灰石に自然由来の繊維やのり、水を加えて練ったもの。主に塗り壁に使用します。



◯珪藻土(けいそうど)

 →海底に堆積した藻の一種である「珪藻(けいそう)」が化石化したもの。主に塗り壁に使用します。



◯天然石(てんねんせき)

 →「大理石(だいりせき)」や「御影石(みかげいし)」のほか、福井では「笏谷石(しゃくだにいし)」が有名。

  石の特徴に応じて玄関やカウンターなどのアクセントとしても使用されます。



◯和紙(わし)

 →福井ではおなじみの「越前和紙(えちぜんわし)」も、壁紙・クロスとして使用されています。






自然素材のメリットは?







自然素材を使用した住まいの大きな特徴は、やはりなんといっても「身体に優しい」というところ。


基本的にはシックハウス症候群やアレルギーの原因となる化学物質を含まないため、家族の健康を守ります。




また、無垢材(むくざい)や漆喰(しっくい)などには天然の「調湿効果(ちょうしつこうか)」があるため、


室内の湿度を快適に保ち、結露の発生を抑えてくれる効果もあります。




このほか、天然木の爽やかな香りや温かみのある肌触りによってリラックス効果も考えられるほか、


昔ながらの木造建築に代表されるような耐久性の高さ経年による変化が楽しめるなど、


自然素材のメリットはとても多いと言えます。

経年変化した木造の古い建物のイメージ 経年変化した木造の古い建物のイメージ




自然素材のデメリットは?






ここまで自然素材のメリットをお話ししてきましたが、デメリットも考えてみましょう。




まず塗り壁などは施工に技術力と手間を必要とするため、一般的な建材と比べてコストが高くなる傾向があります。


自社製材を使用することなどにより価格をなるべく抑えている会社もありますので、検討している方は情報収集をしてみましょう。





また、無垢材(むくざい)の床は合板のフローリングと比べて「傷がつきやすい」という面も。


ご家族で生活する中での傷やへこみは経年変化のひとつと捉えて楽しんだり、自分で補修する、そもそも傷がつかないように丁寧に扱うなど、


考え方次第で自宅への愛着が深まる可能性もありますね。





まずは自然素材の家を体感してみよう!





自然素材にこだわった家づくりをしている住宅会社の方からお聞きしたのですが、自然素材を体験したお客さまから


室内に入った瞬間に、木の香りに癒された

空気がきれいだと感じた


といった感覚的な心地よさに関するお声を聞くことが多かったようです。




自然素材について気になった、自然素材を使ったお家を建てたくなった方は、気になる住宅会社の展示場やモデルハウスを見学し、


自然素材の家がご家族に合いそうかどうかを体感してみるのもおすすめです。








住宅会社、どこにしよう...」


はうすくらぶはそんな方のご相談を承っております。

完全無料ですので、お気軽にお問い合わせください。



⬇︎住まいのご相談窓口はコチラ

住まいのご相談窓口






▶︎はうすくらぶ編集部のおすすめ記事

【インタビュー企画】いちばん身近な建築の住宅で、お客さまを笑顔に -株式会社永尚 二級建築士 木下幾恵さん-

住まいのスペシャリスト 〜No.1〜 大切な住まいを技術力で守る! 明光建商

全館空調の身体にやさしい快適空間 〜 川端工務店 〜

センスに自信がなくても大丈夫!頼れるリネンカーテン

婚礼料理を気軽に堪能 笑顔を創る一皿





⬇︎会員登録をするとお得なチャンスをゲット!

会員登録ページ



⬇︎はうすくらぶがオススメする住宅会社「住まいの応援企業」はコチラから

住まいの応援企業



⬇︎今回の記事の感想はコチラから





はうすくらぶ編集部
この記事を書いた人 はうすくらぶ編集部 ふくいの暮らしと住まいを楽しむ情報をお届けします!