特別展
「福井県野球物語 ~「甲子園をめざした球児たち~」 

博物館・ミュージアム

イベント一覧へ戻る

 野球は、明治初期に日本に伝えられ、明治時代の終わりごろには全国に広まりました。福井県では、明治時代中ごろに、福井師範学校で野球とみられるゲームがおこなわれたことが始まりとされます。その後、武生中等学校をはじめとする県内中等学校に野球部が創設され、各地で対抗試合がおこなわれるようになりました。
 大正4年(1915)に初めての中等学校野球の全国大会が開催され、大正13年に甲子園球場(現 兵庫県西宮市)が完成し、全国大会の会場になりました。県内各校も甲子園出場をめざし、大正14年に敦賀商業学校が本県初の甲子園出場を果たしました。その後、同校は昭和6年(1931)まで連続出場し、全国にその名を広めました。地元では球児たちへの熱狂的な応援が広まり、福井でも野球ブームが盛り上がりました。
 戦時期に一時中断した全国大会も、昭和21年に再開され、23年からは全国高等学校野球選手権大会として、現在まで開催されてきました。これまで多くの県内の高等学校が出場し、活躍してきました。全国大会で活躍する球児たちの姿は、地元福井のアピールとともに、県民の一体感を醸成する機会となったといえます。
 本展では、高校野球を中心に、明治から平成にかけての福井県の野球の歴史を紹介します。

INFORMATION

日 付
2027年7月23日(金・祝)~8月31日(火)会期中無休
時 間
午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
場 所
福井県立歴史博物館 2F 特別展示室
料 金
観覧料:一般400円、大学・高校生300円、小中学生200円、70歳以上の方200円 *20名以上の団体は2割引。特別展のチケットで、館内の展示はすべてご覧になれます。 *身体障害者手帳、精神障害者福祉手帳、療育手帳をお持ちの方は、手帳を提示いただきますと、本人およびその介護者1名の特別展観覧料は半額となります。
H P
https://www.pref.fukui.lg.jp/muse/Cul-Hist/index.html
連絡先
TEL:0776-22-4675
備 考
【イベント】
8月21日(土)14:00~15:30
ふくい歴博講座「福井県野球物語」 □1F 講堂
□ライフ・アカデミー連携
□講師:山形裕之(当館教育文化普及員)
参加無料・事前受付(電話申込、先着順)・定員80名・筆記用具持参
※7月21日から電話受付開始

※掲載されている情報は、時間の経過により実際と異なる場合があります。直接主催者にお問い合わせください。