特別企画展
「永遠のアイドル麗子にあいたい!教科書で見る巨匠たち ウッドワン美術館名品展」

博物館・ミュージアム

イベント一覧へ戻る

広島県廿日市市にあるウッドワン美術館より黒田清輝、岸田劉生、横山大観、上村松園など、教科書でお馴染みの作家たちを福井県立美術館版「美術の教科書」として紹介します。
西洋との出会いに始まり、個性を確立し、洗練を極め、新たな表現への道も拓いてきた日本の絵画史を俯瞰できる入門として最適な作品の数々。
岸田劉生の「麗子像」の傑作《毛糸肩掛せる麗子肖像》を筆頭に、藤田嗣治がブラジルの大地に生きる労働者の姿を描いた巨大壁画《大地》のほか、フィンセント・ファン・ゴッホの《農婦》も特別出品します。作家の多様な表現、絵によせた想い、そして美術の豊かさをご堪能ください。


INFORMATION

日 付
令和3年4月23日(金)~5月30日(日) 会期中無休
時 間
午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
場 所
福井県立美術館
料 金
一般・大学生1,200円、高校生700円、中小生400円 ※20名以上の団体は2割引き、障がい者手帳をお持ちの方とその介護者1名は半額
H P
http://info.pref.fukui.jp/bunka/bijutukan/bunka1.html
連絡先
TEL 0776-25-0452
備 考
【同時開催】 「写真家 水谷内健次の軌跡 1967-2021」

移りゆく自然と人間の関係を記録した写真が高く評価されている福井在住の写真家・水谷内健次。作家の創作の全貌を回顧します。

※掲載されている情報は、時間の経過により実際と異なる場合があります。直接主催者にお問い合わせください。