福井市中核市移行・市制施行130周年記念  福井新聞創刊120周年記念
「北大路魯山人展」

福井市

ミュージアム

イベント一覧へ戻る

明治末から昭和にかけて、書、篆刻、絵画、陶芸と多様な分野において創意あふれる手腕を示した北大路魯山人(1883~1959)。その個性的で独特な存在感で没後60年を経た今も稀代の芸術家として語られています。また魯山人は徹底した美食家としても知られ、「美食倶楽部」「星岡茶寮」を創設し、当時の第一級の政治家や財界人、文化人らが集うサロンとして全国に名を知らしめました。本展では笠間日動美術館が所蔵する陶磁器の作品を中心に、書画、篆刻、漆芸などを合わせた多彩な芸術品約100点の作品で彼の創造の世界を紹介します。

INFORMATION

日 付
2019年6月1日(土)~7月7日(日)
休館日:毎週月曜日
時 間
午前9時~午後5時15分(入館は午後4時45分まで) ※6月1日は午前10時開場
場 所
福井市美術館 [アートラボふくい] 福井市下馬3-1111
料 金
一般1,100(900)円、高校・大学生800円(700)円、小・中学生500(400)円。※前売りは一般のみ900円。  ※( )内は20名以上の団体料金。障害者手帳提示者および介護者1名は団体料金を適用。未就学児は無料。
連絡先
℡ 0776-33-2990

※掲載されている情報は、時間の経過により実際と異なる場合があります。直接主催者にお問い合わせください。