【福井県陶芸館】
「小曽原、土管屋さんがいた時代」

越前町

ミュージアム

イベント一覧へ戻る

越前焼の産地、越前町小曽原周辺では、明治時代から昭和50年ごろまで、やきものの土管を作っていました。福井県陶芸館2019年テーマ展では、昔の土管や製造に使った道具などを約30点展示し、これまであまり知られてこなかった、やきもの産地の歴史をご紹介します。また、草月流三代目家元 勅使河原宏氏が、土管の型で製作した花器も展示します。

INFORMATION

日 付
2019年2月1日(金)~3月24日(日)
休館日:月曜日(休日を除く)、祝日の翌日(土日祝日を除く)
時 間
午前9時~午後5時(最終入館は午後4時30分)
場 所
福井県陶芸館 1階 常設展示室
(福井県丹生郡越前町小曽原120-61)
料 金
一般200円(団体料金は2割引(30名以上))高校生以下、70歳以上の方及びふるさとの日(2月7日)、家庭の日(2月17日、3月17日)は入館無料
H P
https://www.tougeikan.jp/
連絡先
福井県陶芸館 TEL/0778-32-2174

※掲載されている情報は、時間の経過により実際と異なる場合があります。直接主催者にお問い合わせください。