平木コレクション
『歌川広重の世界』~保永堂版東海道五十三次と江戸の四季展

福井市

ミュージアム

イベント一覧へ戻る

江戸時代に庶民の芸術として誕生した浮世絵は、今日まで多くの人々を魅了してきました。その文化的価値及び芸術性は高く評価され、日本を代表する芸術として世界中に紹介されています。
多くの浮世絵作家が活躍した江戸時代において、歌川広重(1797〜1858年)は、北斎、歌麿、写楽などと並び、江戸時代後期に活躍した浮世絵の巨匠です。中でも彼の代表作である「東海道五十三次」は、天保4(1833)年に刊行され、その旅情溢れる表現によってたちまち大評判となり、一躍風景画家として名を馳せることとなりました。
また、広重自身が住む江戸の町や名所を書いた「名所江戸百景」は、広重晩年の大作であり、その大胆な構図や色彩は、印象派のゴッホが参考として描くなど、遠く離れたヨーロッパの画家たちに大きな影響を与えたことが知られています。
本展覧会では、広重の代表作である保永堂版「東海道五十三次」全点と「名所江戸百景」を中心に、「六十余州名所図会」より福井の名所を描いた2点を加えた名品で構成し、風景画の中に四季の気象の変化などを巧みに取り入れ、叙情性豊かな日本人の感性を刺激する広重の作品の魅力を紹介していきます。

INFORMATION

日 付
7月21日(土)〜9月2日(日)
休館日:7月23日(月)・30日(月)、8月6日(月)・20日(月)・27日(月)
時 間
9時〜17時15分(入館は午後4時45分まで)
場 所
福井市美術館〔アートラボふくい〕
料 金
一般1,200(1,000)円、大・高生800(600)円、中・小学生500(300)円
H P
http://www.art.museum.city.fukui.fukui.jp
連絡先
福井市美術館 TEL 0776-33-2990
備 考
※( )内は団体料金。団体は20名以上。障害者手帳提示者および介護者1名は団体料金を適用。未就学時は無料。

※掲載されている情報は、時間の経過により実際と異なる場合があります。直接主催者にお問い合わせください。