紫式部・源氏物語関連企画展「光と影が織り成す源氏物語 切り絵と竹灯篭展」開催予定

丹南エリア

子どもから大人まで

ミュージアム

イベント一覧へ戻る

本市ゆかりの紫式部が著した『源氏物語』は、物語成立直後から、この長大な物語を視覚的に理解し楽しもうと、絵画化されます。これらは「源氏絵」と呼ばれて広く普及し、日本美術における一大ジャンルにまでなりました。
 この企画展では、源氏物語五十四帖の各一場面を画題として、「源氏絵」の代表的な場面だけでなく、作者である神谷氏が物語を読んで独自に描いた場面・登場人物等の切り絵作品を紹介します。
 併せて、神谷氏の切り絵作品をモチーフとした白川氏作の竹灯篭作品を展示し、光と影で表現された『源氏物語』の繊細で幻想的な世界をご堪能いただけます。

INFORMATION

日 付
平成30年4月27日(金曜日)から平成29年6月3日(日曜日)まで
時 間
午前10時から午後6時まで(入館は、午後5時30分まで)
場 所
越前市武生公会堂記念館 展示室2、3
料 金
一般 200円  高校生以下、障がいのある方とその介助者(1名)は無料
備 考
休/毎週月曜日

関連イベント 「ギャラリートーク」
日時   平成30年4月27日(金曜日) 午前10時から
会場  武生公会堂記念館 展示室2
講師   神谷 雪子氏(切り絵作者)
参加費 無料(ただし、一般の方は観覧料が必要です)

体験ミュージアム「はじめての切り絵」
日時  平成30年5月27日(日)
会場  武生公会堂記念館 貴賓室
講師  「。IORI。」(ヒイラギイオリ) 氏
定員  20名(先着順、小学校高学年以上)
申込先 0778-21-3900(武生公会堂記念館)

※掲載されている情報は、時間の経過により実際と異なる場合があります。直接主催者にお問い合わせください。